オルセー美術館展印象派の誕生

”印象派の殿堂”として知られるパリ・オルセー美術館から、珠玉の絵画約80点が来日します。

テーマは”印象派の誕生”。

1874年の「第1回印象派展」開催から140年──パリの美術界を騒然とさせた”新しい絵画”の誕生の衝撃が、選りすぐりの名画によって東京・六本木に鮮やかによみがえります。

マネに始まり、モネ、ルノワール、ドガ、セザンヌら印象派の立役者となった画家たちの作品はもちろんのこと、同時代のコローやミレー、クールベのレアリズムから、カバネル、ブグローらのアカデミスム絵画まで、まさに時代の、そしてオルセー美術館の”顔”ともいうべき名画が集結する本展に、どうぞご期待ください。

オルセー美術館展ホームページはこちら

「オルセー美術館展」公式図録

展覧会記録の決定版!
出品全作品の図版と解説、専門家によるエッセイで、「印象派の誕生」に迫ります。
A4判、全306ページ。

¥2,800(税込)

購入はこちら

「オルセー美術館展」ミニ図録

出品全作品の図版と主要24作品のミニ解説を収録。
展覧会の魅力がギュッとつまった1冊です!
飾っても可愛いミニサイズ(155×131mm)、全208ページ。

¥1,300(税込)

購入はこちら