太古の哺乳類展

太古の哺乳類展

太古の哺乳類展

太古の哺乳類展

「日本の化石でたどる進化と絶滅」

「日本の化石でたどる進化と絶滅」

7月12日から東京・上野の国立科学博物館で開催中の「太古の哺乳類展」では、 およそ1億2000万年前から1万年前まで日本に生息していた哺乳類の標本約170点を、全国から一堂に集めて展示しています。この夏、太古へ想いを馳せてみませんか。展覧会は10月5日まで。

展覧会公式キャラクターの、謎の”海獣”パレオパラドキシアの「ぱれおくん」とナウマンゾウ家族の父「なうパパ」が、キーチェーンつきのぬいぐるみとして登場!
ホネホネな無骨の展示のなかの、癒し的存在です。大きさ:約13cm。

― 公式キャラクターぬいぐるみ ―

「太古の哺乳類展 日本の化石でたどる進化と絶滅」図録
「太古の哺乳類展 日本の化石でたどる進化と絶滅」図録販売中!